独学での成功|興学社高等学院といった通信の学校で学ぶ|どんなところでも学べる
メンズ

興学社高等学院といった通信の学校で学ぶ|どんなところでも学べる

独学での成功

PC

地震などの災害がきっかけで注目された

土地家屋調査士は地震などの災害がきっかけで、注目された職業のひとつです。地震の時に家屋の倒壊は免れたものの、自分の住む家にダメージをどれだけ受けているか、あるいは土地の状態は今どうなっているかについて知るには、土地家屋調査士による調査を受ける必要があります。最近では土地家屋調査の需要が高まってきていることから、この資格取得を目指して勉学に励んでいる人も少なくありません。ところで土地家屋調査士資格取得には、法務省が実施している土地家屋調査士の国家試験に合格する必要があります。ちなみに資格取得に向けての勉強は専門学校に通ったり、通信教育で受講するのが一般的ですが、独学で勉強している人も結構いるようです。ところで土地家屋調査士の試験を受ける際に前もって測量士補の資格を取得しておけば、土地家屋調査士の午前中の測量に関する試験を受けることが免除され、比較的スムーズに試験をクリアすることができます。

土地家屋調査士資格取得の通信教材テキスト

ところで独学で土地家屋調査士の資格を取得するには、テキストなどを自分で用意しなくてはいけません。しかし土地家屋調査士のテキストを取り扱っている書店やネット通販で購入しても、テキストの内容が難しくて理解しにくく挫折してしまう人も少なくありません。そこで最近では通信教材テキストによる勉強が人気を集めています。通信教材テキストは定価で購入すると価格は割高ですが、ネットオークションで手に入れると比較的格安に購入することができます。また少し前の教材でも内容はほとんど変わっていませんので、このテキストを利用している人も少なくありません。通信教材テキストの場合は専門書とは違いわかりやすい説明がついていますので、土地家屋調査士資格取得を目指している全くの素人でも理解することができます。